ルール~ブラックジャックの基本


ここではカジノやカジノバー、ネット上で遊ぶオンラインカジノ、オンラインゲームなどで一般的に採用されているブラックジャックのルールを説明します。

通常、ブラックジャックは、プレイヤー同士ではなく「ディーラーとの1 対1 の勝負」になります。
プレイヤーが何人かいる場合は、ディーラーは複数のプレイヤーと同時に勝負を行います。

ゲームは、配られたカードの合計点が21に近い方が勝ちになります。
但し21を超える(バーストといいます)とその時点で負けになります。

カードの数の数え方に特徴がありますから、まずは数え方を覚えてください。

◆数の数え方
カード2~10 ではその数字通りの数になります。2なら2、5なら5という具合です。
絵札である、K(キング)Q(クイーン)J(ジャック)は10 と数えます。
A(エース)は、1または11と数えます。

BJcard1

ブラックジャックでは、「A」がゲームを面白くしています。
なお、A を11 と数えても21 を超えない手持ちカードの組み合わせのことを、「ソフトハンド」と呼び(つまりAを1とも11とも数えることができる)、A を1として数える(つまり11と数えると21を超えてしまう)、またはA を含まない状態を「ハードハンド」と呼びます。

BJcard2

ちなみに、「A」と「絵札」の組み合わせだと「21」となり、これを「ブラックジャック」と呼びます。
3枚以上で「21」になってもブラックジャックとは呼びません。

◆勝敗
勝った方が賭け金と同額の配当をもらえます。
ブラックジャックで勝った場合は、賭け金の1.5倍の配当がもらえます。

・21以内で21に近いほうが勝ち
・バースト(21を超える)するとその時点で負け
・ディーラーとプレイヤーが同じ点数の場合、引き分け(プッシュといいます)
ただしディーラーとプレイヤー双方がバーストの場合、プレイヤーの負け
・両方がブラックジャック(エースと10,J,Q,Kの絵札との組み合わせ)の場合引き分け

→ディーラーのアクション

→プレイヤーのアクション